温泉の抗酸化測定結果         「健康を守る本当のよい水」 環境還元研究所 所長 早川英雄 著より抜粋

温泉名

水素イオン濃度(PH)

電気伝導度ms/cm)

酸化還元電位(mv)

抗酸化値(ppb)

源泉温度(℃)

飲用○×

秋田:玉川温泉

1.30

40.00

-200

40

95

×

宮城:鳴子温泉

8.95

3.70

-350

8.5

90

×

宮城:秋保温泉

7.50

6.00

-150

1〜2

90

×

山形:小野川温泉

6.50

8.89

-390

8

80.3

栃木:那須殺性石

2.20

2.20

-160

20

90

×

栃木:日光湯元温泉

7.50

1.70

-350

10〜11

60

×

栃木:鬼怒川温泉

7.00

0.64

-

3.5

-

×

群馬:草津温泉

2.00

5.30

+60

3

60

×

「私、早川は日本でも名湯といわれる各地の温泉に行って、その温泉水の水素イオン濃度・電気伝導度・酸化還元電位・抗酸化値などを

調べました。それをまとめたのが上の表です。

がんや難病の湯治で知られる玉川温泉は強酸性泉で、ミネラルが多く、抗酸化力があることがわかります。また温泉としてバランスがいい

のは小野川温泉です。金属イオンがバランスよく溶け込んでおりORP(酸化還元電位)が低くて抗酸化力もあります。飲用と入浴と併用する

ことにより相乗効果が期待できます。

Copyright (c) 2005 Takasagoya akio.Takeda. AllRights Reserved